筆者注:棒人間・・・亡き夫  もみあげくん・・・息子  ハム基地・・・娘


11月22日(水)久しぶりのキャンパス
今日は、大学の一年

先輩「まっつぁん」が、

九州から出てきたの

で四谷で会いました。

「大学で会おうよ」と

提案したのは、まっつぁんで、わたしに案内してもらう

つもりだったらしいのですが、いえいえ、わたしも大学

のキャンパスに来るのは、棒人間の「偲ぶ会」以来だ

し、新しい建物ばかりになった母校は全くわからない

のです。「わたしたち

卒業生なんですが」

と、守衛さんに尋ねた

り、大学の案内図を

見ながら、うろうろ。

まっつぁんがテレビで見た、眺めのよいカフェテリアで

ランチするつもりが、「ザ・学食」という感じの地下一階

の食堂にしか、たどり着けず。結局わたしは、写真の

「きつねそば」を食べました。わたしは、学生の頃から

お腹が弱くて、学食のAランチとかを食べると、すぐに

お腹を壊してしまうのです。ですから学生時代、学食

のうどんやお蕎麦ばかり食べていたのですが、40年

経った今も、これを食べるとは。「まっつぁん」と会うの

は、たぶん三十数年ぶりで、話すことが山ほどありま

す。だから、食べるものは何だっていいのでした。実

は、まっつぁんは、わたしと棒人間のキューピットなの

です。わたしが棒人間にお熱を上げていることを知っ

ていたまっつぁんが、昼食帰りの棒人間を階段で呼び

止め、「あなたのことを好きな女性がいるので、デート

してあげてくれませんか?」と言ってくれて・・・。本当

に、その日のうちにデートすることになったのでした。

まっつぁんがいなかったら、

わたしの人生は変わってい

たかもしれません。あっという

間に時間は過ぎ、帰る時刻

に。今日は、パンちゃんの15

歳の誕生日なので、ケーキを

買って帰りました。

母校の学生は、わたし達に食券の買い方を教えてく

れたり、「二人の写真、撮ってもらえませんか」という

お願いにも、笑顔で応えてくれて親切でした。さすが、

まっつぁんとわたしの、後輩たちですね!

11月21日(火)褒章額
緑綬褒章のことで忙し

くしている間に、季節

はどんどん進んでいま

すね。今日も、北風が

冷たかったです!

スーパーの入口では、もうずいぶん前から、鏡餅を売

っています。気が早いですねぇ。伝達式に出かける前

に頼んでおいた褒章額が届きました。最初は、画材屋

さんで適当な額を買えばいいや、と思っていたのです

が、メンバーに相談したところ、せっかくだから、ちゃん

とした額に入れた方がいいということになり・・・。山の

ように届いたカタログの中から、一番感じがよくて一番

良心的なお値段の会社の額を注文しました。注文を受

けてから工場で一つ一つ作るらしく、一週間から十日、

かかるとのこと。ぴったり一週間で、わが家に送られて

きたのですが、段ボールの大きさにびっくり。自転車で

は、とても持ち運べないので、車の仲間に頼んで取り

に来てもらいました。今日は、団員みんなで、神経を

張りつめながら、賞状を額に収めました。賞状の枠の

布地は7種類あって、みんなで赤い布地を選びました。

上の方に小さく金の菊のご紋が入っています。ちなみ

に、個人の受章で勲章をもらった人は、賞状の左横に

勲章を飾るスペースがあるんですよ。わたし達の額も

かなりの大きさと重さなので、これがさらに横に広がる

と、持ち運ぶのも飾るのも、大変でしょうね。さて、この

褒章額を持って、これから市長さんや社会福祉協議会

に、ご挨拶に行くのです。せっかくなので、団員全員で

ぞろぞろと行きます。一通りの行事が終わったら、最後

は、わが家に戻ってくる予定ですが、さてこんな大きな

額、どこに飾りましょう。まずは部屋を片付けなくちゃ。

11月16日(木)無事に終わりました!その2
 皇居へ向かうバスに

乗り込んだ時には、空

もどんよりとして、小雨

が降り始めました。そし

て、宮殿の前に着いた

時には、窓ガラスを雨が伝うほどに・・・。「おかしいわ。

わたし、晴れ女なのに」とぼやくお隣さんに、実はわたし

が強力な雨女なのだと告白できず。でも、これだけの人

が集まっているのですから、わたし一人のせいではない

でしょう。宮殿を前にし

ながら、バスの中で30

分以上、待ちました。

厚生労働省だけでも、

1号車から8号車まで

のバスが必要だったのですが、どうやら、全ての省庁か

らのバスが揃うのを、待っているようです。やっと宮殿の

玄関にバスがつけられて、中へ。外観は、地味な建物

なんだな・・・と内心思っていましたが、一歩中に入ると

どこもかしこも、ふっかふかの絨毯。高い天井には見事

なシャンデリア。素人のわたしにも、よい木材が使われ

のがわかります。拝謁

の行われる春秋の間

は、ダンスパーティー

ができそうな広大なお

部屋で、そこに次々と

人が詰め込まれていきます。受章者は前の列。配偶者

は後ろの列。「前に詰めて」と何度も促されて、ちょうど

お部屋の真ん中辺りに位置することができました。おそ

らく、天皇陛下が立たれる台の正面です。陛下がお見

えになる前に、「ここで、深く礼をする」「陛下にお尻を

向けないよう、陛下が歩かれるのに従って、向きを変え

るように」などの注意を受けました。数千人が息を詰め

て静まっていると、侍従

の後に、天皇陛下がい

らっしゃいました。しっ

かりした足取りで壇上

に上がられ、白い紙を

取り出すも、原稿は一切見ずに、受章者へのお祝いと

感謝の言葉を述べられました。そして、広いお部屋を

ゆっくり歩かれながら、受章者の列と配偶者の列の間

を移動されます。穏やかな笑顔を、交互に左右の列に

向けてくださり、わたし達も、くるくると向きを変えます。

終わってみれば、数分間のことだったかと思いますが、

緊張と共に、心の躍るひとときでした。その後は、バス

の号車毎に記念撮影。はるか上の二階の踊り場から、

写真屋さんが大きな声で指示を出しながら、集合写真

を撮りました。後で購入できるのですが、よほど大きな

サイズを買わないと、自分の顔が豆粒みたいになって

しまうでしょう。バスで

厚生労働省に戻って、

解散。バスの中では、

「天皇陛下よりのお菓

子」が配られました。

(家で開けてみると、菊のご紋が焼き印された薄い皮の

どら焼きのようなお菓子でした。上等な餡がびっしりと

入っていて、とても美味しかったです!)慣れない靴で

痛くてたまらない足を、何とかひきずって、帰りの電車

へ。仕事帰りのハム基地と待ち合わせて、イタリアンを

食べ、へとへとになって、わが家にたどり着きました。

11月15日(水)無事に終わりました!
昨日は、とうとう、緑綬

褒章の受章式でした。

まずは、伝達式の行わ

れる厚生労働省へ。

受付の始まる30分前に

着いたのに、会場となる講堂には、既に大勢の受章者と

配偶者が集まっていました。女性は8割、着物姿。61歳

のわたしより、かなり年上の方が多いようです。みなさん

式が始まる前に、金屏風の前で記念写真を撮りたいよう

で、もう長い行列ができていました。わたしも、お隣の席

の女性と、さっそく列に並びまし

た。お隣の方は、特養ホームで

音楽療法を長く続けておられる

グループの代表で、昨日一日、

仲良くお話しさせていただきまし

た。さて、時間が来て、伝達式

が始まりました。

国歌が流れ、受章者全員が名前を呼ばれて、起立して

一礼。でも、受章者は、緑綬、黄綬、藍綬(らんじゅ)合わ

せて、155名もいるのです。とにかく時間がかかります。

次に、各色の代表者3名が、厚生労働大臣から賞状を

受け取り、大臣が祝辞

を述べて退場。その後、

残りの受章者が、総務

部長さんなどから、それ

ぞれ賞状を受け取りまし

た。それも、厚労省の職員さんから、まず、総務部長さん

が恭しく賞状を受け取り、それをまた受章者が一人ずつ

受け取るので、大変な時間がかかりました。なぜそんな

ことをするのだろう、と不思議に思ったのですが、これは

普通の表彰式ではなく、「伝達式」なのです。日本国天皇

から、受章者に与えられ

る褒章を、厚労省の方

が伝達して下さっている

のですね。賞状の冒頭

には「日本国天皇は右

を・・・により表彰する」と書いてあります。ところで、個人

で褒章を受ける人には、勲章が授与されますが、わたし

達のようなグループの場合は、勲章はなく、褒状だけな

のです。賞状の中央の大きな印の下に、勲章をもらう人

には、緑綬なら緑の勲章のマークがついているのです

が、わたし達の賞状は

そこがぽっかり空欄で

す。少しさびしいので、

持参した劇団の写真を

置いてみました。

さて、ここでお弁当とお茶が出て、昼食。バスに乗って、

皇居に行くまで待機です。同じテーブルの受章者の方々

と、いろいろお話ししました。熊本、石川、愛知、愛媛と、

遠方から泊りがけでいらしている方も。「宮中は、トイレ

の数が少ないので、バスに乗る前に必ず行っておくよう

に」という注意があり、またまたトイレで長い行列です。

11月13日(月)ルビーの指輪
いよいよ明日、緑綬褒章

の伝達式と拝謁です。

あぁ、緊張するっ!!!

でも、インフルエンザにも

ぎっくり腰にもならず。

明日、無事に行かれそうです。グループでの受章は、届

け出した代表者一名しか出席できないので、「這ってでも

行かなくちゃね」と団員から言われています。今まで何か

の授賞式には、必ずしっかり者のM先輩が付き添ってくれ

たので、(そして、着物姿のM先輩の方が、必ず代表だと

勘違いされる)安心だったのですが、明日は、わたし一人

だけ。「おかあさん、大丈夫なの?」と、家族にも心配され

ています。今日は、明日着ていく洋服をチェックしたり、靴

を磨いたり、持ち物を入れたり出したり。そわそわしており

ます。さて、ルビーの指輪ですが・・・。棒人間が婚約指輪

として買ってくれたものですが、もう、何十年も使っていま

せんでした。棒人間が一人で買ったものですから、サイズ

が大きすぎて(8.5サイズ)、最初はくるくる回ってしまっ

ていました。ところが、年齢と共に指の節が太くなり、全く

入らなくなってしまったのです。でも、今回、宮殿に伺うの

に、指輪の一つもしていないのでは・・・と思い、お店に持

っていって、サイズ変更してもらいました。指輪のサイズ

直しって、そんなに高くないのですね。2サイズアップして

五千円未満。こんなことなら、もっと早く直してもらえばよ

かったです。昨日、ぎりぎりで仕上がってきたので、明日

は、このルビーの指輪と一緒に、授章式に行ってきます。

天気予報に、小さな傘マークがありますが、どうかあまり

降らないように、祈っていてくださいね。ドキドキ・・・。

11月10日(金)代表の仕事
11年前、代表を引き継ぐ時、わたしなりに悩んだのです。

前代表から、「来年度から、あなたが代表ね」と突然言わ

れて、選択の余地はなかったのですが、それでも、必死

に断れば、やらないで済むかも、とも思いました。前代表

は、人望と貫禄を備えた方でしたが、わたしは、「しっかり

していないこと」にかけては自信があったし、優柔不断で

リーダーのタイプではありません。年齢や経験から言うと

順番でわたしでしたが、大丈夫かな、と不安でした。夫に

相談しても、「ママはやるよ、きっとやるよ」と冷やかすば

かりで、「やれ」とも「やめれば」とも、言ってくれません。

そんな時、「詩とメルヘン」のお仲間に、たまたま相談をし

たら、彼女が言ってくれたのです。「代表は、ストレスも多

いから、断るのもいいけれど、代表が頼りない場合には、

自然と周りがしっかりして、何とかなるものですよ」と。そう

か、そうなんだと、彼女の言葉に背中を押されて、代表に

なったのです。そして実際、その通りになりました。わたし

が頼りない分、行動力のある人、経理の得意な人、手先

が器用な人、真面目で几帳面な人、みんなが頑張って、

フォローしてくれています。決めるべきことは、みんなで話

し合って決めているし、わたしがやっているのは、公演先

との打ち合わせや、お役所に出す書類作りだけ。連絡係

兼事務係というところでしょうか。どちらも、得意分野なの

で、苦になりません。むしろ、わたしには、これくらいしか、

役に立てることがないような気がします。そんなわけで、

今は、代表の仕事も、楽しく続けています。次の方に引き

継ぐ日まで、「頼りない代表」なりに、頑張ります!

11月5日(日)褒章のこと

秋の褒章で、わたしの

所属する人形劇団が

緑綬褒章をいただけ

ることになりました。

わたしは現在三代目

の代表をやらせていただいているので、この数か月は、

バタバタと忙しかったのです。10月20日の報道発表ま

では、母とこっそり伝達式に着ていく服を買ったりするだ

けで比較的のんびりしていたのですが、発表後は四つ

の新聞社から取材の申し込みがあったり、ずっしりとし

たカタログ(褒章額や、挨拶状、内祝い品など)が次々

届いたりと、急に周りが賑やかになってきました。2日の

新聞発表まで日数がなく、団員全員の集まる日が二回

の公演日しかなかったので、新聞社の方と連絡を取っ

たり、公演先の幼稚園や保育園側の許可を取ったりと、

代表の仕事が続きました。最初の幼稚園公演には、三

社の記者さんが来てくださり、公演後、順番に集合写真

を撮ったり、インタビューしたり。三人の記者さんに囲ま

れて、いろいろお話ししましたが、劇団結成時の団員は

もういないので、三代目のわたしには、わからないこと

も多くて、あたふたしてしまいました。わたしは、人形劇

に参加して26年。代表になってからは、11年になるの

ですが、この劇団ができた年に、まだ、わたしは大学生

だったのです。改めて、わが人形劇団の歴史を感じて、

責任重大だなと思いました。まだまだ心は動転していて

落ち着かないのですが、伝達式の14日まで、元気でい

なくちゃと思っています。その報告は、また後日に。

11月3日(祝)秋の発表会でした♪
今日は、ギター教室の

発表会でした。秋の

発表会は、ホールが

大きいので、毎年特に

緊張してしまいます。

ただ、この緊張しまくりも、長年やっておりますと、少し

は慣れてきました。失敗して落ち込んでも、すぐに忘れ

て、また挑戦したくなることが、わかっているからです。

今回は、爪のコンディションが最悪!自分の手入れが

悪いせいなのですが、右手親指と薬指の爪の先がなく

なってしまい、人差し指の爪は、横に亀裂が入ってしま

って、マニキュアでどうにか、つなぎ止めている状態。

今にも折れてしまいそうで、強く弾けません。でも、なん

とか、健康な体で本番を迎えられたのですから、よしと

しなくてはね。写真は、ソロの「If we hold on together」

を弾く前、楽屋で撮ってもらったもの。まだ穏やかな顔

していますねぇ。本番は、やはり指が震えて、あちこち

間違えましたが、何とか最後までは弾けました。息子の

ようなアキラ君との二重奏、「二つのギター」は、わたし

が前々から、とても弾きたかった曲。よく練習したので、

わたしは、あちこち間違えましたが、みなさんに「よかっ

たよ」と言っていただきました。アキラ君とは、別の機会

でのリベンジを約束しました。打ち上げで楽しいお酒を

飲んで帰る直前、どんこ先生に肩をつかまれて、「守り

に入っちゃダメだよ。まだまだ挑戦しなくちゃ!」と言わ

れてしまいました。確かに、このところ、ソロはなるべく

失敗しない曲という基準で選んでいるかもしれません。

まだまだ挑戦しなくてはね。(ほら、立ち直り早いでしょ)

10月31日(火)特技は?
ハッピー・ハロウィン!みなさん、ハロウィンを楽しく過ご

しましたか?わたしは、保育園で人形劇の公演でした。

今日も、子ども達の反応がとてもよくて、楽しいひととき

でした。さて、公演が終わって、これから帰ろうという時

になって、副園長先生から、「ボランティアに来られる方

の登録をしなくてはいけないので」と、個人情報を記入

する用紙を渡されました。名ばかりですが、代表をして

いるので、わたしの住所や電話番号などを書き込んで

いったのですが、なぜか、「健康ですか?」「特定健診

を受けていますか?」などの項目もあります。それから、

活動内容の下に「特技」という欄がありました。帰り支度

の途中で、考える暇もないので、「特技」の欄に「笑顔」

と書いたら、「あら、すてき!」と副園長先生。思いがけ

ず、ウケてしまいました。なぜ、「笑顔」と書いたかという

と、先日、わたし達の人形劇団に取材に来てくださった

記者さんが、「みなさんの笑顔が、すごく印象的でした」

と、おっしゃったからなのです。「特技は笑顔」って、変

かもしれませんが、これからも、胸を張って言っちゃいま

す。わたしの特技は、「笑顔」です!

10月28日(土)ちょっぴり不幸?
二日間、晴れが続いたと思ったら、もう雨。また、洗濯物

が乾かなくなると思うと、憂鬱です。でも、ちょっぴり不幸

な気分なのは、雨のせいではなくて・・・。木曜日の夜に

鶏肉としめじの炊き込みご飯(とてもおいしく炊けた!)を

食べていたら、突然ガリっと嫌な感触。左下の奥歯の銀

の被せものが、取れてしまいました。三ヶ月毎の検診は

まだ先なので、金曜日に急遽、予約なしで診療していた

だいたのですが、「こりゃ、新しく作り直さないとダメです

ね」と院長先生。銀のはずれた歯が虫歯になっているそ

うで、削って、芯棒を作って、また銀を被せるのだとか。

あと二回は、通わなくてはいけないそうです。まぁ、それ

は仕方ないのですが、銀の取れた歯のギザギザした所

が、舌の端に当たっていたらしく、その部分が口内炎に

なってしまいました。たかが、舌の端っこにできた口内炎

なのですが、食べる時にしみるだけでなく、しゃべるだけ

でも、痛いのです。やっと、喉の痛みが治ったのに、舌

が痛くて、しゃべれないなんて・・・!仮に何かを詰めて

ある歯も、薬臭いし、噛んだら中身が取れてしまいそうで

心配。何を食べてもおいしくないです。こんな些細なこと

で、泣き言を言ったら申しわけないのですが、たかが舌

の口内炎で、ちょっぴり不幸なわたくしです。