筆者注:棒人間・・・亡き夫  もみあげくん・・・息子  ハム基地・・・娘

7月18日(水)ギターケース
今日は、「灼熱」という言葉がぴったりくるくらい、暑い

一日でした。ギターレッスンの日でしたが、アキラ君と

二重奏の練習をするので、自分のギターを持っていか

なくてはなりません。ギターを背負って、駅まで歩いた

ら、それだけで体力を使い果たしてしまいそうなので、

思いきって、タクシーを頼むことにしました。猛暑日の

せいか、タクシー依頼も殺到していて、10分以上待つ

そうです。ようやく現れたタクシーに乗り込むと、「その

ケース、バイオリン?」と、気さくな運転手さんが。こん

なに大きなバイオリンはないと思うけど、ギターケース

を見て、「バイオリン?」と訊かれたのは、実は二度目

です。音楽に興味のない人には、弦楽器といったら、

まず、バイオリンなんですかね。レッスンの帰りに買い

ものをしたお店では、「ビオラですか?」と訊かれまし

た。バイオリンにしては大きい、と思ったのでしょうか。

帰りのタクシーでは、運転手さんに、「それはギターで

すか?」と訊かれたので、(やっと、正解!)とうれしく

なりました。「その大きさは、クラシックギターですね」

と運転手さん。その運転手さんも、少しギターを弾くよ

うです。今も、調弦に音叉を使っているのだとか・・・。

ギターケースは大きくて目立つので、声をかけられる

ことが多いです。「あなた、どこのサークル?」と見知

らぬおばさんに話しかけられることも。ケースの中に

入っている限り、腕前はわかりませんから、「わたし、

上手いんです!」という顔で歩いちゃいましょうか。

7月16日(月)灼熱の三連休!
この三連休も本当に

暑かったですねぇ!

わたしは日曜日だけ

がお休み。誕生日が

近いので、例年通り

野田の千歳家さんに。うな重をいただいて、この夏を

乗り切るパワーをいただいてきました。毎年のことで

すが、こちらのお店は、11時開店と共に、お客さんが

次々にやってきて、満席になります。昨年より500円

値上がりしていましたが、満足のいく味でした。ただ、

残念だったのは、今年は、母が一緒に行かれなかっ

たこと。腰痛が改善しないのです。母の分は、お土産

にして持ち帰りましたが、来年はまた、一緒に行きた

いです。ところで、連休の一日目、もみあげは、なんと

登山に出かけたのです。前々から友人と約束してあっ

たのですが、「何もこんな猛暑日に登山しなくても」と

母は一応、反対しました。でも「山の上は涼しいさ」と

スポーツドリンクや塩ラムネなどをリュックに詰めて出

かけていきました。普段から体を鍛えている友人はと

もなく、ひ弱なもみあげは熱中症で倒れてしまうので

は、と心配でしたが、もみあげ君からのメール。高速

道路がひどい渋滞で、行き先を高尾山に変更したと

のこと。(本当は、山梨の三つ峠に行く予定だったそ

うです)正直、ほっとしました。高尾山は、登山客で賑

わっていたそうです。おかげで、もみあげも、元気な

顔で戻ってきて、翌日の鰻屋さんにも、無事に行くこ

とができました。めでたし、めでたし・・・。

7月13日(金)暑い一週間!

今週は、本当に暑かったです

ねぇ!自転車で走っていると、

両腕がジリジリと焼けるよう!

入浴介助の仕事では、自分が

お風呂に入ったみたいに、顔

も髪もビシャビシャになってし

まいました。人形劇の練習で

は、道具を運ぶだけで汗びっ

しょり・・・。ミーティングの後、

気合を入れないと、なかなか

重たい腰が上がりません。



わが家では、麦茶の消費量がすごいです!朝・夕・晩

と3回作ります。スーパーで、わが家の好きなハ〇ス

の麦茶が売り切れです。翌々日に行ったら、3箱入荷

していたので、2箱買ってしまいました。「アイスは一日

1本」が、わが家の掟ですが、違反者が続出。気温が

上がると、さっぱりしたアイスキャンデーが食べたくな

りますねぇ。わたしは、もちろん「首巻きタオル族」です

が、家では一枚で羽織れるサマーワンピースばかり。

着易くて涼しいワンピースを、ハム基地と取り合ってい

ます。さて、天気予報を見ると、明日の最高気温は35

度。明後日は、37度!外に出たくない気温ですねぇ。

でも、被災地の方々のことを思うと、文句なんて、言え

ません。明日も、はりきって仕事に行ってきますね。

7月7日(土)七夕の夜
西日本の大雨の被害

のニュースに、心が曇

る七夕の夜です。こち

らは、全く雨が降らず、

蒸し暑い一日でした。

夜には、少し大きな地震があり、びっくりしましたが・・・

わが家は、昨日やっと、手作りの笹を出しました。昨日

は、ハム基地と去年の短冊を外しながら、一年間を振

り返りました。願い事のかなった短冊とかなわなかった

短冊を振り分けたら、9勝5敗でした。三人家族で14枚

の願い事は、欲張りすぎますかねぇ。写真の棒人間が

呆れているかも。今日の午後、家族揃って、今年の願

い事を書きました。みんな、真剣な表情です。わたしも

ハム基地も、「母の腰痛がよくなりますように」「今年も

おばあちゃんと旅行にいけますように」と、実家の母の

ことを一番に書きました。これだけでも、かなってほし

いです。そんな七夕の夜に、

今年初めての月下美人の花

が二つ、開きました。ここ数日

風が強かったので、室内に鉢

を入れていましたが、いつの

間にか、莟が大きく膨らんで

いました。

挿し芽をして増やした若い鉢には、三つ莟がついてい

たのですが、場所が近かったので、一つだけが成長し

て、後の二つは透明なピンク色になって、落ちてしまい

ました。仕方ないですねぇ。ですから、今日は古い鉢と

新しい鉢で、一つずつ

咲いたのです。明日、

古い鉢のもう一つの

莟が咲きそうです。

この花は、薫りが強く

て、花びらが開くに従って、どんどん強くなります。品の

ある、魅力的な薫りですが、部屋の中に置くと、すこし

強すぎます。彦星と織姫の再会を祝うように月下美人

の花が咲きました。この薫りが天まで届きますように。

7月2日(月)免許の更新
毎日、暑いですねぇ。毎晩、グッタリです。昨日の日曜日

には、運転免許の更新に行ってきました。御存知だと思

いますが、わたしはゴールド・ペーパー・ドライバーです。

免許センターにも、自力で行けないので、もみあげ君に

送り迎えしてもらいました。それにしても、日曜日の免許

センターが混んでいること!視力検査のために、30分

以上、並びました。前回の更新では、平日に、バスを使

って行ったのですが、視力検査も写真撮影も、スイスイ

進みました。ただ、講習の時に、周りが学生さんばかり。

講師のおじさんが、「今日は、若い方ばかりですね。あ、

お一人、お母さんがいますね」と、わたしを見て言ったの

で、とても嫌だったのです。(他人から、「おかあさん」と

呼ばれるのが、すごく苦手なんです)今回は、老若男女

いろいろいたので、目立つこともなし。心配していた視力

もOKだったし、写真も「それなりに」撮れました。わたし

は、棒人間が亡くなった年に、免許を取ったのです。夫

を国立がんセンターまで送ってあげたいという理由から

でした。でも、本当は、抗がん剤治療と闘っている夫を

見て、自分も何か必死に頑張るものが欲しかったので

す。結局、あまり役に立てないうちに棒人間は旅立ち、

わたしは、すぐにペーパードライバーになってしまいまし

た。「もったいない」と、よく言われますが、わたしは自分

に、「もう、苦手なことを頑張らなくていいよ。」と、言って

あげることにしたのです。他のことで、充分頑張っている

と思うので・・・。身分証明書としての免許更新でした。

6月28日(木)ミステリー?
先日、8分の1サイズの

カットスイカを買って帰り

冷蔵庫の野菜室に入れ

ようとしたら、何とそこに

同じサイズのスイカが!

きゃあー!何だ、これは・・・。ミステリー?ぞぞっとしてし

まいました。(あたし、大丈夫?)二日前、仕事の合間に

2割引のスイカを買ったんだっけ。このところ、母の腰の

具合が悪くて、バタバタしていたせいか、すっかり忘れて

いました。わたしが伺っている利用者さんの中にも、同じ

野菜ばかり買ってしまう方がいましたが、まさか、自分が

・・・!ちょっとショックでした。話は変わって、月下美人。

いつの間にか、莟をつ

けていました。今年は、

わたしが葉っぱを差し

て、株分けした新しい

鉢の月下美人も、初め

て莟をつけたのです。全部咲くかどうかわかりませんが

古い鉢の方に二つ、新しい鉢に三つ、莟がついていま

す。古い鉢より、新しい鉢の方が、元気がよいようです。

蒸し暑い日々にウンザリですが、楽しみができました。

6月24日(日)K子先輩の杏ジャム
湿度の高い日々が続い

て、(今年は、まだかな

ぁ・・・)と、図々しくも心

待ちにしておりました。

K子先輩の杏ジャム。

昨夜、大雨の中、「杏ジャム」と書かれたレターパックが

届いて、思わず満面の笑顔に。「雨の中、ご苦労さまで

す!」と、珍しく郵便局のおじさんに声をかけてしまいま

した。今年も、お庭の杏の樹が大収穫だったのでしょう

か。可愛くラッピングされた手作り杏ジャムが三瓶も!

さっそく今日、実家の母に、ひと瓶おすそ分けしてきまし

た。今朝は、トーストに塗っていただきましたが、杏の実

の形を残しつつ、さわやかな酸味とちょうどよい甘味の

ジャムに仕上がっていて、とてもおいしかったです。いた

だく側は、ただただうれしくて、ありがたいのですが、杏

ジャムを手作りして、ラッピングをして、あちこちに届け

てくださるK子先輩の手間は、大変なものだと思うので

す。毎年、同じことを続けていくって、難しいことです。先

日も、人形劇の仲間と、「年々、前はできていたことが、

できなくなってくるよねぇ。自分で自分が情けなくなるけ

ど、どこかで諦めをつけなくちゃねぇ」なぁんていう会話

をしたところ。杏の樹が同じように実をつけても、人間の

暮らしは、その年によって、いろいろありますよねぇ。親

の介護とか、お孫さんの誕生とか、自身の健康状態と

か・・・。きっと、お忙しい生活の中で、今年も杏ジャムを

後輩のわたしに送ってくださったK子先輩に心から感謝

です。K子さんファンだった棒人間に、ひと瓶、お供えし

ますね。杏ジャムをいただいて、梅雨を乗りきります!

6月21日(木)「羊と鋼の森」
本を読んで、映画を観

て、また読んでいます。

隅々まで美しい作品。

本屋大賞受賞作です

ものね。魅せられまし

た。新人調律師の成長の物語ですが、理想の音を探し

ていく調律の過程を、深い森の中を彷徨う感じにたとえ

ています。わたしの実家に、アップライトですが、ヤマハ

のピアノがあったので、調律師さんを呼んだこともある

と思うのですが、全く覚えていません。ただ、マトリョミン

の講座に通っていた時、お仲間に調律師の女性がいた

ので、思い出してメールしてみました。すぐにお返事をく

ださり、今も子育てしながら、調律の仕事をなさってい

るそうです。この小説を読み、映画を観て、調律は女性

には、重労働なのではないかな、と思いました。映画の

方も、山ア賢人さん演じる新人調律師が初々しく、全篇

にピアノ曲が流れて、とてもよくできていたのですが・・・

通路を挟んで隣に座った女性が、「フリフリポテト」(だと

思う)を、シャカシャカ振った後、映画の3分の2くらいま

で、紙袋をワシャワシャ鳴らしながら、食べ続けていた

ので、耳障りで集中できませんでした!勇気を奮って、

「静かにしてもらえませんか」と言おうかと思った途端、

わたしのお腹が「クゥー」と鳴ってしまったので、やめま

した。紙袋の音はやめられますが、お腹の音は自分で

抑えられませんからね。映画が終わった時、紙袋の人

の連れの女性が、「ごめんね、わたしの趣味につき合

わせちゃって・・・」と謝っていたので、フリフリポテトの

女性は、音楽にあまり興味がなかったのかな・・・。

6月15日(金)新川和江賞十周年記念誌
水無月さんより、貴重な

冊子を分けていただき

ました。結城市の行って

いる事業「新川和江賞 

未来をひらく詩のコンク

ール」十周年記念の冊子です。表紙は、新川先生のパ

ネルが飾られた、ゆうき図書館でしょうか。とても美しい

冊子です。結城市の名誉市民であられる新川先生の名

を冠して創設されたこのコンクール。結城市在住、在学

の小・中・高校生が応募することができます。表彰式の

様子を、時々水無月さんから伺っていましたが、もう十

周年を迎えるのですねぇ。今回の冊子には、新川和江

賞に選ばれた十人のお子さんの作品が掲載されている

のですが、どの詩ものびのびとして個性的。新鮮な言葉

選びや豊かな発想に、はっとさせられます。この子達が

将来どんな職業に就くと

しても、先生の手から、

賞状をいただいた日の

ことは、ずっと忘れない

ことでしょうね。そして、

大人になってから、新川先生の詩集を読み、改めてこの

賞の重みに気づくのかもしれませんね。作品に添えられ

た新川先生の短評は、とてもわかりやすく、大きな優しさ

に溢れていると思いました。それにしても、こんな素敵な

図書館のある結城市民の皆さん、うらやましいですね。

このコンクールが、ますます回を重ねて、応募したお子

さん達が、結城市の未来をひらいていきますように。

6月13日(水)暑い一日・・・

今日は、ハム基地が有休をとっ

ていたので、上野動物園へ。

シャンシャンが昨日、一歳のお

誕生日を迎えたので、混んでい

るだろうと思っていましたが・・・

平日だからと油断しました!

わたし達が入園した9時50分ごろには、パンダの観覧

「60分待ち」。ギラギラ太陽の下、ひたすら列に並びま

したが、アナウンスの度、「120分待ち」「180分待ち」

と更新されていきます。水分補給を促すアナウンスも!

麦茶のポットを二人分

持ってきて正解でした。

60分のはずが、なぜか

2時間近く待って、よう

やく、パンダ舎の前へ。

でも、やっと見られたのは、まず、こんな寝姿。お母さん

のシンシンです。「止まらないで!間を開けないで!外

で、大勢の方がお待ちです!」と叫び続けるおじさんに

「シャンシャン、起きてるの?」と尋ねる前のおばさん。

「寝てる。さっきまでは

動いてたんだけどね」

と。これが、遠くに見え

たシャンシャン。後姿で

顔すら見えません。

生まれた時の190倍の重さになったそうですが、やはり

お母さんに比べると、小さいです。シンシンの4分の1だ

とか。お父さんのリーリーに至っては、大きなお尻しか、

見えず。なんと3頭とも、微動だにしませんでした。暑い

ものねぇ・・・。待ち時間を考え

ると、何とも消化不良な感じ。

でも、仕方ありませんね。ガラス

越しに、象の水浴びを目の前で

見られるコーナーがあり、そこ

で一休み。涼しそうだなぁ・・・。


大きな象が、真横にザッブーンと倒れて、沈んでから浮

き上がると、鼻のシャワーを体にかけて・・・。大迫力で

したよ。パンダより、象に癒された動物園でした。お昼を

食べてから、プーシキン

美術館展を、ささっと観

て帰ってきました。モネ

の「草上の昼食」、観て

きましたよ。そうそう、

1歳の誕生日記念のカードを、動物園に入った時に、い

ただきました。これが、本日の収穫かな?シャンシャン、

お誕生日おめでとう!また、そのうち、見にいくからね。