筆者注:棒人間・・・亡き夫  もみあげくん・・・息子  ハム基地・・・娘


9月17日(火)定期健診
今日は、職場の一年ぶりの定期健診。この時期になると、

泥縄式に「おやつの量、減らさなくちゃ」「脂肪分をとらない

ようにしなくちゃ」なんて気にしだし、前の晩のご飯を発芽

玄米にしてみたり。やっぱり「高血圧症」とか「高脂血症」

とか言われちゃうと、ショックなんですよねぇ。40代くらいま

では、いつも総合評価が「A」だったのに、最近は・・・。何

だか、通知表をもらったみたいな気持ちになります。職場

の健診ですが、ほとんどは知らない顔ばかり。年齢層も幅

広く、20代の女性もいます。年配の女性の後ろの首周り

が、シミだらけなのが見えてしまって、わたしも、そうなの

かしらと心配になったり。前の若い女性は、体格がよいか

らか、血管が見つからずに、血液検査にとても時間がかか

っていました。あまりに長くかかるので、係の男性が、後ろ

に並ぶ人達に、椅子を勧めてきました。健康の悩みは、人

それぞれなんですねぇ。糖尿病の利用者さんに「スーパー

のお惣菜は、味が濃いから、買っちゃダメですよ」なぁんて

言ってるわたしですが、いざ、自分のことになると、おやつ

は止められないし、パンもご飯も大好きだし。食べるものを

制限するのって、難しいですよねぇ。でも、一年に一度、体

のことを真剣に考えるのって、必要なこと。健診を機会に、

反省して、食生活に気をつけましょう。食欲の秋の前にね。

9月10日(火)ハム基地の誕生日

今日は、ハム基地の33回目の誕生日。平日なので、今夜

は、ハム基地の大好きなポテトグラタンでお祝いです。もう

33歳だなんて、信じられないです。最近、「うちの子ども達

が・・・」と言う時に、(もう、子どもじゃないよなぁ)と思ってし

まいます。友人のお子さん達を見ても、もう子どもが二人位

いても、おかしくない年齢ですよねぇ。わたしが、33歳の時

には、もみあげが6歳、ハム基地が3歳。子育て真っ最中

でした。まぁ、平均寿命も延びていることですし、焦ることは

ないですね。人生、楽しいことばかりではないけれど、その

中に、何かわくわくする、楽しいことを見つけて、生きていっ

てくれれば、それで十分です。ハム基地は、性格も見た目

も、わたしより、棒人間に似ているような気がします。最近

は、わたしの健康を気遣ってくれて、(ちょっと、口うるさい

な)なぁんて、苦笑いすることもあるけど、ありがたいです。

これからも、パンちゃんと一緒に、仲良し母娘でカフェ巡り

に出かけましょう。(上のイラストはハム基地が描きました)

9月6日(金)あいたたた!
「うぅっ!なんだ、この痛みは!脚が破裂したみたい!いた

たたた・・・」スネ夫みたいな寝ぐせ頭で、朝食をとっていた

もみあげ君が、突然痛みを訴えたので、びっくりしてしまい

ました。(脚の血管が破裂する病気?なんだっけ・・・?)と

不安になりましたが、原因は、すぐにわかりました。わが家

では、朝食の珈琲は、個包装のドリップバッグを、それぞれ

のマグカップで、いれることになっています。昨日の朝には

いつもと違うドリップバッグ(わたしが、ド〇ールでおまけに

もらったもの)を用意しておいたのです。初めてのタイプで、

マグカップの上に、円筒型のドリップ部分が突き出るように

なっていました。考えなしの男は、カップの容量を考えずに

上までお湯を注いでしまったため、マグカップの淵から、湯

が溢れ出していたのでした。素足に、熱々の珈琲がかかっ

のですから、さぞかし・・・!「痛いっ」と感じたのでしょうね。

あきれましたが、深刻な病でなくて、ほっとしました。実は、

わたしも、先日オムライスを作っている時、炒めていたハム

が、弾けてフライパンから飛び出し、足の親指と人差し指の

間に、ピタリと貼り付いてしまったのです!熱いことといった

ら!調理中なので、とりあえずは、冷凍庫から出した小さい

保冷剤を指の間に挟んで、オムライス作りを続行。ヒリヒリ

するので、カンボジア土産にもらったタイガーバームを塗っ

ておいたら、すぐに治りましたが・・・。いやはや、日常の中

に、笑っちゃうような危険は、潜んでいるものですねぇ・・・。

9月3日(火)今年のワンピース
二週間前からベランダにいるの

で、確実に絶命していると思わ

れる大きなセミーヌを2匹、今日

勇気をふるって、箒とちりとりで

掃きとりました。動かないはず

なのに、箒に蝉の脚がからまっ

たりして、キャ〜っでした!

ベランダから物を落としてはいけないけれど、誰も通らな

い緑地なので、そーっと3階から落としました。1階と2階

の方、万が一、目撃してしまったら、ごめんなさい。蝉が、

空から降ってきたと思ったでしょうか。箒の先で触るのも

怖かったけれど、毎朝植木鉢の間にセミーヌの姿を見る

のも怖かったので、究極の選択でした。さて、写真はこの

夏、よく着ていたワンピース。のっぽのわたしが着ると膝

が出てしまうのですが、外出先から帰ってシャワーを浴び

た後、一枚ぺらっと着るのに、ちょうどよかったです。この

メーカーの服は、安くて可愛くて着心地がよいので、最近

よく買っています。絵本の柄などが多いので、若いママと

お子さん向けだと思いますが、60過ぎたおばあさんが着

ても、別にいいですよね?春秋冬は一日中パンツスタイ

ルのわたし。夏だけは、ワンピースのおばあさんです!

8月31日(土)この夏
8月も今日でおわり!

何だか早いですねぇ。

暑さは、まだ続きそう

ですが、秋の気配を

少しずつ感じますね。

朝のトーストがおいし

く感じられます。

これからしばらくは、夏の海と秋の山の押し相撲が続くので

しょうね。秋の山、がんばれ!夏の海も、がんばれ!今年の

夏を振り返ると、去年に比べれば、猛暑の期間が、短かった

ですよねぇ。長い梅雨の後、急に気温が上がったので、体は

きつかったけれど、寝苦しい夜や、首に保冷剤を巻いて外に

出る日が、少なかったような・・・。例年だと、夏の間に2キロ

くらい痩せていたのに、今年は全く体重が減りません。汗は

たっぷりかいたつもりなのに、おかしいなぁ。おかしいといえ

ば、今年は月下美人が全く莟をつけません。7月、日照時間

が少なかったからでしょうか?手入れが悪かったのかなぁ。

みなさんに、美しい花を、お見せできないのが、残念です。

8月29日(木)「ロケットマン」
夏の疲れが出たのでしょうか?今朝は、珍しく寝坊してし

まいました!8月も、もうじき終わりますねぇ。火曜日に、

映画「ロケットマン」を観てきました。とてもよかったです。

わたし、洋楽には全く詳しくなくて、エルトン・ジョンという

名前を聞いても、有名な「Your Song」しか、思い浮かび

ません。それでも、この歌は、いつ聴いても、心にじーん

としみ渡りますねぇ。この映画で初めて知ったのですが、

エルトン・ジョンは、歌詞を書くことは苦手で、ほとんどの

曲を、同じ作詞家バーニー・トーピンが書いているのです

ねぇ。映画では、エルトンの実家で朝食をとった後、ほん

の数十分で、「Your Song」が完成してしまうエピソードも

描かれています。作詞家バーニーとの50年に渡る友情

や、アメリカでの大成功。奇抜な眼鏡と衣裳、派手なパ

フォーマンスの裏にあった、大きな孤独。アル中、薬物、

同性愛に溺れ、自分を見失っていくエルトン。天才にあり

がちな運命の落とし穴ですが、救われるのは、エルトン

が自ら治療を受けて断酒。アーティストとして復活し、歳

を重ねた今でも尚、活躍していることですね。エピローグ

には、エルトン・ジョン本人の写真も、次々に登場します。

同性のパートナーと結婚し、子どもも育てて、孤独からは

解放されたエルトンの幸せそうな姿に、ほっとしました。

孤独は、芸術を生み出すアイテムでもありますが、人間

としての幸せは、やはり、愛し、愛される存在を得ること

なのでしょうかね。いろいろな思いを巡らせながら、改め

て、「Your Song」を聴いています。あなたも、ぜひ。

8月24日(土)家族旅行・その2
今回、家族旅行で泊まったホテルは、お料理もおいしく、

清潔で、とても気に入りました。でも、一番感動したのは

露天風呂にあったプレート。とてもやさしい、手書きのよ

うなタッチで、こんなふうに書かれていたのです。「この

お湯には時々、虫さんや、葉っぱさんも入ります。この網

でそっとすくってあげてください」プレートの横に、ゴミを

すくうネットが、かかっていました。虫嫌いのわたしです

が、このやさしい文章を読んだら、たとえ虫が浮かんで

いたとしても、「虫さん」と呼びかけてしまうような気がし

ました。もちろん、朝一番の露天風呂には、虫も葉っぱ

も見当たらなかったのですが・・・。このプレートを読んで

朝からやさしい気持ちになり、「このホテルにしてよかっ

たな」と、しみじみ思いました。ホテルのスタッフの方々も

歩行器を使う母に、気配りをしてくださり、温かかったで

す。旅の感動って、意外なところにありますね!

8月22日(木)家族旅行♪
一泊二日の家族旅行に

行ってきました。行き先

は、箱根です。今年は、

去年圧迫骨折で行けな

かった母も一緒。

まだ全快とは言えない母ですが、痛み止めと歩行器で、

何とか全行程を楽しむことができました。もみあげ君は、

年に一度しか、高速や山道を運転しないので、ホテルに

着くと、すぐにダウン。

母とハム基地と三人で

ホテルに隣接する「星

の王子様ミュージアム」

へ。サンテグジュペリの

展示や、物語の世界を見てきました。ミスター・ビーンに

似ているサンテグジュペリは、鼻が上を向いているので

同級生に「月刺し槍」と呼ばれていたそう。ドイツ軍兵士

には彼の小説のファンがいて、

後に自分がサンテグジュペリの

飛行機を撃墜してしまったと知

った兵士は、二度と飛行機に乗

らなかったとか。パイロットと小

説家。庭園の花を眺めながら、

彼の生涯に思いを馳せます。

母は、思いがけない階段や急な坂道に出合いながらも

無事にホテルに戻って、ディナーや温泉も堪能。翌朝も

雑穀リゾットや味噌漬けベーコンなどの、おいしい食事

をとって、二日目の

目的地、「ラリック

美術館」へ。わたし

は、ルネ・ラリックの

ガラス作品が好き。

でもこの時代のモチーフは、人物や鳥に交じって、昆虫

が多いのです。巨大な蝉の小物入れがあってびっくり!

羽の部分が箱の蓋になっていて、開閉できます。一体、

誰が使ったのでしょう。

展示を見終わった後は

美術館に併設されてい

るオリエント急行乗り場

へ。実際に使われてい

た車両で、内装をルネ・ラリックが手がけています。彼の

ガラス作品も壁の装飾や照明に使われていて、間近に

見ながら、列車に乗っている気分でお茶できるのです。

以前、この美術館に来

た時は大混雑で、列車

の予約も、なかなか取

れなかったのですが、

今回11時の回は、我ら

四人のみ。「もうちょっと乗客がいないと、気分が出ない

よねぇ」なんて言いながら、パウンドケーキと珈琲をいた

だきました。お茶のテーブルは、窓際に跳ね上がるよう

にできていて、椅子を

どけ、ダンスパーティー

も行われたとか。優雅な

列車の旅だったのでしょ

うねぇ。さて、わたし達

の旅は、お土産を買って、帰途へ。あちこちで雨にも降

られましたが、「おとうさん、来てるね」と、棒人間が一緒

にいることを感じる程度。富士山は見られなかったけれ

ど、炎天下でなく心地よい気温の中、旅を楽しめました。

8月17日(土)お盆やすみ
今週は、台風の影響で落ち着きませんでしたね。世間の

皆様は、お盆休みで、ゆっくりされたのでしょうか。わたし

の仕事は、いつも通りでしたので、お盆といってもピンと

きませんが、ハム基地によると、通勤電車は気持ちよい

ほど空いていたし、メール室の仕事も、退屈なくらい暇だ

ったとか・・・。そういえば、水曜日に美容室に行った時、

いつもと客層が違ったような・・・。隣の席は、釣り好きの

カフェの店長さんで、アシスタントの女性に、「鯵のマリネ

の作り方」を伝授していました。「三枚下ろしなんて・・・し

ないよね。じゃ、お刺身を買って塩を振って10分・・・」と

教えているのを、しっかり聴き取って、頭の中にメモしま

した。(こぶ茶を入れると、味に深みがでるそうですよ。)

今週は、太極拳やギターレッスンがなかったので、久し

ぶりの友人とランチをしたり、友人が参加している水彩画

展を観に行ったりもしました。お盆を意識していなくても、

どこかゆったり過ごしていたのかもしれませんね。いつの

間にか、ツクツクボウシが鳴いていますし、夕方の虫の

合唱が大きくなってきたような気がします。秋の気配は、

ほんの少しずつ、近づいているのですね。ともあれ、まだ

まだ暑いです。みなさん、もうしばらく、頑張りましょう!

8月8日(木)残暑?お見舞い!
今日は、立秋ですって?!秋の気配は全く感じられない

ですよね。遅れてきた夏が、猛威を奮っています。昨日、

二重奏を先生に見ていただいた帰り、相棒のアキラ君と

「熱風ですねぇ・・・」「早く帰ってシャワー浴びたい!」と、

嘆き合いました。そうそう、「日傘男子」が流行る前から、

アキラ君は、日傘を愛用しています。「向こうの歩道の方

が、日陰ですから、渡りましょう!」と、わたしよりよく気が

つきます。最寄り駅からタクシーで帰ると、マンションの下

の踊り場に、セミーヌ発見!今年の第一号です。足音を

立てないように、そーっと脇を通り抜けました。ハム基地

が帰ってきた時には、いなかったそうですから、やっぱり

生きていたんですねぇ。そういえば、最近始まった夏の

ドラマ、「セミオトコ」面白いですよ。セミの恩返しのお話。

女性に命を救われたセミが、美青年(山田涼介)の姿に

なって現れ、8日間の命を、一緒に過ごすという話です。

冴えない主人公が古い趣のあるアパートに住んでいて、

住人がみな、それぞれ個性的で・・・。という、ありがちな

設定ですが、「セミの恩返し」は新鮮な発想で、メルヘン

を書く者としては、「やられた!」という感じです。洋館の

アパート管理人である、くぎこさん(檀ふみ)とねじこさん

(阿川佐和子)のやりとりが、絶妙です。セミーヌは、今も

苦手ですが、福山雅治さんみたいな美形で現れるなら、

考えてみてもいいかな?(セミーヌの唄も、聴いてね。)