筆者注:棒人間・・・亡き夫  もみあげくん・・・息子  ハム基地・・・娘



5月22日(月)ローズちゃん

今日も暑かったですねぇ!仕事と仕事

の合間に、お茶屋さんでソフトクリーム

を食べちゃいました。抹茶と落花生の

ミックスで、ピッコロ(小さい)サイズの。

すごーくおいしかったです!炎天下の

外で食べるソフトクリーム、最高です。

さて、もみあげ君のスカシユリ。ガンガン咲いています。母の日

には間に合わなかったけど、ちっちゃい頃から、おばあちゃん

に「この子は、なんでもひと汽車遅れだねぇ」と言われていた男

ですから。きっとお花も、ひと汽車遅れだったんでしょう。たとえ

ひと汽車遅れでも、こんなふうに人生の花を咲かせてほしいも

のです。ところで、昨日は、ハム基地から、母の日のプレゼント

をもらいました。こちらは、わたしが忙しくて、なかなか一緒に

買いにいけなかったのです。なんと、新しいプリンターを買って

もらいました!Canonの赤の

新型が欲しかったのですが、

近くの電機店には、黒と白しか

なく、黒にしちゃおうかなと思っ

たら、ハム基地が・・・。

「おかあさん、妥協しちゃダメだよ」と。結局、もみあげ君が、大

きい店舗まで連れていってくれて、無事に赤のプリンターを買っ

てもらうことができました。使い始めたら、色なんて関係なくなっ

ちゃうのかもしれませんが、女性はやっぱり、色にもこだわりま

すよね。プリンターも、インテリアの一部ですから。それにしても

新しいプリンターの便利なこと!今まで原始的なプリンターを使

っていたので、「へ〜!」「ほ〜!」と驚くことばかりです。そうそ

う、名前は、「ローズちゃん」に決まりました。紅い薔薇です。

5月18日(木)夢のような話
今年は出かけてしまったので、マンションの管理組合の総会を

欠席してしまったのですが・・・。総会資料の中に、ちょっと気に

なる案件がありました。「マンションの敷地内にポストを設置す

るか否か」というもの。以前から、ポストの場所が遠くて不便な

ので、もっと近くにポストを、という要望は出されていたようなの

ですが、公道には、いろいろ規定があって無理らしいのです。

でも、マンション敷地内なら、可能だとのこと。住民の老齢化も

進んでいるので、ポスト設置を考えてみてはどうか、という案件

なのでした。欠席でも、議決権は有効なので、わたしは「賛成」

で提出しました。手紙好きのわたしとしては、マンションの中に

ポストがあるなんて、夢のようではないですか。せっかく書いた

手紙を、途中で出そうと思いながら、仕事のカバンに一週間入

れっぱなしだった(先日、実際にあったのです!)なぁんて失敗

もなくなりますし。夜更けに書いた手紙を、月光の中、部屋着に

サンダルで、ララランと出しに行けるかも。と、想像するだけでも

心が躍ります。でもね、マンションの敷地内にポストを設置する

と、住民以外の人が、頻繁に出入りするようになるやもしれず、

防犯上は、あまりよろしくないのです。総会の結果が気になり、

管理人さんに訊いたところ、「設置する方向には進んでいるが、

ポストの設置場所について、これから検討する」という状況だそ

う・・・。夢のポストの登場は、まだお預けのようです。

5月14日(日)母の日の朗読コンサート
今日は、母の日でしたね。もみあげの

贈ってくてれた鉢植えのスカシユリ。

記憶図書館参照)まだ一輪も咲きま

せん。ところで、今日は、とっても素敵

なイベントに伺ってきました。「母の日

に詩と音楽の花束を!」です。


会場は、足立区の「わたなべ音楽堂ベルネザール」。住宅街の

中に、ひっそりと佇む、こじんまりとした音楽堂です。詩メルの

詩人であり、朗読家としてもご活躍の詩村あかねさんの朗読、

声楽家の「たぐちたみ」さんの歌、高橋恵子さんのピアノ演奏

による、母の日のために準備された

プログラムです。純木造のホールは、

高い丸天井で、声も楽器の音も、よく

響きました。あかねさんの詩の朗読は

まどみちお、サトーハチロー、宮澤賢

治などの母の詩。自作の詩やトヨさん

の詩もありました。

姿勢のよいあかねさんは、いつもどおり、はっきりとした声で、

一人芝居を演じるように、動作もつけながら、詩を暗唱します。

客席が目の前に迫っている会場で、きっと緊張もされたと思い

ますが、ユーモアを交えた解説もあり、楽しかったです。途中

で青いブラウスから真っ赤なチュニックへと衣装もチェンジされ

ましたが、どちらも颯爽とした

あかねさんにぴったりでした。

たぐちたみさんは、「ぞうさん」

「あめふり」などの童謡を、美

しい声で、表情豊かに歌って

くださいました。たぐちさんの歌っているときの表情が、とても

よくて、つい、こちらもつられて笑顔になってしまいます。ピアノ

でのリストの「愛の夢」も、久しぶりに聴きましたが、やっぱり

いい曲ですねぇ。休憩時間には、薔薇が満開のお庭でハーブ

ティー(くろもじ)のサービスもあり、とても癒されるひとときでし

た。客席は満員で、実際にお母さまとご一緒に来られた方も

います。これこそ、最高の母の日プレゼントですね。スカシユリ

は、一輪も咲かなかったけど、わたしにとっても、素敵な母の

日になりました。日程が合えば、ぜひ、来年も伺いたいです。

5月8日(月)順番♪
ゴールデンウィーク、終わっちゃいましたね。みなさん、休みボケ

していませんか?わが家は、朝一番に管理人さんがやってきて

「駐車場の番号を間違えています」と。もみあげ君が、2番先の

スペースに停めてしまったらしく、その番号の住人が困っている

のです。わたしは、ペーパードライバーで、車を移動することすら

できないので、もみあげ君が帰ってくる夜まで待ってもらい、お

菓子を持って、謝りにいきました。「おかしいなぁ。ちゃんと昨日、

停めたはずなのになぁ」と、もみあげ君。これこそ、休みボケの

代表のような失敗ですね。話は変わりますが、先週の月曜日、

かかりつけのクリニックが、とても混んでいて、やっと順番がきて

会計まで済ませたのですが、隣の薬局に行く途中で、靴の踵を

トントン直していたら、後ろからやってきた若者に追い抜かされ

てしまったのです。(あーあ、薬の順番が、また一つ遅くなった)

と、急いでいたわたしは、がっかりしました。ところが・・・。しばら

くして薬剤師さんが、「すみません。順番前後しますが○○さん」

と、わたしの名前を先に呼んでくれたではないですか。なぁんだ

世の中、うまくできているんだ。順番ごときで、やきもきするのは

やめよう!みなさんもね、とひとり芝居に書くはずだったのです

が・・・。5日のこどもの日。母のところに、柏餅を買っていこうと

和菓子屋さんで並んでいたときのこと。わたしの前に並んでい

たおじさんが、「柏餅、15個」と、大人買いするではありません

か。「こし餡、つぶ餡、よもぎ、味噌がありますが、どうしますか」

と店員さん。「味噌?それって、うまいのかね」と、おじさん。「私

は好きですが・・・」と、店員さん。「いいから、適当に混ぜてくれ

よ」と、イラつき始めたおじさん。結局、「味噌餡5個、こし餡5個、

よもぎ5個」みたいな感じで、買っていったようです。わたしは、

柏餅は、味噌餡が好きなのです。母からも、「買うなら、味噌餡

を混ぜて買ってきてね」と、頼まれていました。(おじさん、味噌、

おいしいよ〜)と、心の中で話しかけながら、順番を待っていた

のですが、その時、店内から、「味噌、なくなりました!」という声

が。なんと、味噌餡が買えなかったのです。がっくり。味噌餡の

味も知らないおじさんが、5個も買っていったというのに・・・。こ

の時ばかりは、順番を呪いました。たかが順番、されど順番。

5月3日(水)昨日は、盛り沢山でした♪
2日も3日も仕事がないので、

近場に一泊旅行でも・・・と思っ

ていたのですが、ハム基地が

東京グランド花月の公演を観

に行きたいと言うのです。

お笑いが大好きなハム基地ですが、今まで自分からお笑いの

ライブに出かけたことはありません。今回は、赤坂ACTシアター

での公演で、TVでも人気の芸人さん達がずらり。新喜劇上演

もあり、前売り券は完売。当日券は公演の

一時間前から発売するが、手に入るかどう

か不明。それでも、「ダメだったら、場所を

確認するだけでいいので、付き合って」と、

ハム基地が言うので、一か八か、行ってみ

ることにしました。ハム基地は、「行きたい」

と思ったら一直線ですからねぇ・・・。


それに、赤坂まで行くなら、乃木坂で美術展を観ることができ

ます。国立新美術館では、草間彌生展とミュシャ展を開催中。

ハム基地も、草間彌生展には興味を持っていたので、ちょうど

よいチャンスです。GW中は混むでしょ

うが、2日は一応平日だし、本来なら、

この美術館は火曜日が休館なので、

少しは空いているかも・・・と思ったの

ですが、とんでもない!草間彌生展も

ミュシャ展も、すごい混雑です。


とても、ゆっくり鑑賞できる雰囲気ではありません。一応、入館

はできるのですが、グッズ売り場のレジの列が「40分待ち」。

真っ赤な髪の「草間彌生人形」を握りしめたおじさんも、長い列

に並んでいます。でも、草間彌生展は、展示にも工夫があって

楽しめました。スマホ撮影OKの広間

があったり、暗闇の中に浮かぶ光の

海を、前の人の姿を頼りに進んでいく

鏡の間があったり・・・。戸外には巨大

なカボチャのオブジェや、水玉の布を

巻いた樹も。鮮やかな色と個性的な

デザインに圧倒されますが・・・。

草間さんは、幼少の頃より、幻覚や幻聴に悩まされ、その恐怖

から逃れるために、絵を描かずにはいられなかったとのこと。

命がけで創作されているから、これだけインパクトのある作品

を生み出せるのだと、納得しました。ミュシャ展は、草間さんの

作品とはガラリと変わって、「スラヴ叙事詩」の超大作がずらり

と並び、その繊細な美しさ、色彩、優しさに、ぞくぞくしました。

ミュシャのこんな大きな作品を観たのは初めてですが、チェコ

国外世界初公開とのこと。ミュシャの故郷への想いが、ひとつ

ひとつの作品に込められているのですねぇ。ぜひ、また時間を

作って、音声ガイドを聴きながら、ゆっくり鑑賞したいです。あ、

お笑いの公演の方は、一時間以上、当日券売り場の前に並ん

でチケットをゲットし、無事ハム基地と二人で楽しむことができ

ました。キャンセルがあったのか、とてもよい席で、ハム基地も

大満足。帰宅は、深夜。長い長い、盛り沢山な一日でした。

5月1日(月)「美女と野獣」
今日から五月!みなさん、GWをいかがお過ごしですか?わたし

の仕事は祝日も関係ないので、いつもどおりですが、ハム基地

は有休を前後にとって、たっぷり休日を楽しむ予定のようです。

4月28日は、そんなハム基地と、OPEN初日のディンタイフォン

で小籠包を食べ、「美女と野獣」の実写版を観てきました。お昼

を食べた後で映画を観ると、大抵途中で眠くなってしまうのです

が、冒頭からエンドロールまで、夢中で見入ってしまいました。

アニメと同じディズニーの制作なので、楽曲もそのまま使われて

いますが、「美女と野獣」は、音楽が素晴らしいですねぇ。そして

「これは、絶対アニメじゃなくちゃ、ダメだろう」と思っていた場面

も、CGの進歩か、アニメ版以上の迫力に仕上がっています。

ハム基地もわたしも、大満足でした。何年前になるのでしょう?

アニメ版の「美女と野獣」を観た時、冒頭のミュージカルシーン

で、わくわくして涙が止まらなくなり、家に戻ってからも興奮が冷

めやらず、すぐに棒人間を誘って、もう一度観に行ったのです!

ディズニーアニメの中でも、この作品が一番好き。野獣の姿にさ

れた王子は我儘で癇癪もちだけれど、実は繊細で豊かな教養

の持ち主。一方、美女のベルは、ガストンから求愛されている

ものの、本好きが村人から疎まれ、孤立している。そんな二人

の間に生まれる愛。魅力的なストーリーです。昔ジャン・コクトー

が作ったモノクロ映画の「美女と野獣」は、お話がもっと複雑で、

CGを使わなくても、幻想的で美しい映画でしたが、それはそれ

として・・・。今回の実写版「美女と野獣」お勧めですよ。ぜひ。

4月27日(木)姉の本
英語畑を歩いてきた姉の新刊

です。ちょっと気になるタイトル

なので、本屋さんで見かけたら

手に取ってみてくださいね。

イラストも楽しいし、読みやすい

ですよ。もちろん、わたしは、英語を「話せない人」の方です。

四つ歳上の姉は、昔から自慢で、憧れの存在でしたが、ある時

から、「姉と同じことをやっていても、面白くないなぁ」と思い始め

ました。中学校で、姉を受け持ったことのある英語の先生が、妹

のわたしの担任になったのです。スペルコンテストで賞状を渡す

時、間違えて姉の名前を呼んでしまったのですよ。先生は給食

の時間に、「ごめん、ごめん」と謝ってくださったのですが、年頃

のわたしは、プイと膨れたままだったので、同級生の小林くんに

「おめぇ、気ぃ強ぇな。先生があんなに謝っているのに」と、感心

されてしまいました。実はそんな

に怒っていたわけでなく、優しい

おじさん先生に甘えていたんで

すねぇ。まぁ、そんなこともあり、

わたしは、英語とは畑の違う道

に惹かれていったのですが・・・。演劇とか、詩やメルヘンとか。

およそ、お金にならないことばかり。(もちろん、有名になれば別

ですが・・・)学生時代から、通訳のアルバイトで結構稼いでいた

姉と違い、お金に、あまり縁のない人生になってしまいました。

ま、経済的にも姉と違う道を選んだ、ということに、しときましょ。

4月22日(土)マミンカマトの会
昨夜は、渋谷でマミンカマトの会

があり、出席しました。夜の渋谷

なんて、何十年ぶり。地図だけで

辿り着けるかしら、と不安で早め

に渋谷に着いたのですが・・・。

交番前に、それらしきグループを発見。「マトリョミンの方ですか」

と声をかけたら、大正解でした!マトリョミンを演奏する方は、何

となく雰囲気でわかります。主催者のマミンカさんが到着して、道

案内してくださったので、わかりにくい会場に、無事に辿り着けま

した。マミンカさんこと、上原光子さんは、マトリョミンの絵付けを

されている作家さんです。マミンカさんが絵付けしたマトリョミンは

200体を超え、10周年を迎えられるとのことで、その記念の会

なのでした。上の写真で、わたしのマト、

ワーリャが、どこにいるかわかります?

大勢のマミンカマトに囲まれて、ちょっと

人見知りしているように見えます。マトと

一緒に、みなさん記念撮影されていたの

で、わたしもお願いしました。


ドレスコードは、「マトリョミンのように、可愛らしく、あなたらしい

服装で」だったのですが、ちょっと派手目の普通の恰好になって

しまいました。パーティーでは、希望者による個人やグループで

のマトリョミン演奏もあって、楽しく聴かせていただきました。マミ

ンカさんではなく、「こきちや」さんが絵付けをされたパンダ楽団

の演奏もあり、演奏者がパンダ

の耳をつけたり、被り物をしたり

・・・と、パフォーマンスとしても、

とても面白かったです。最後に、

全員での「翼をください」の合奏

もあり、わたしも参加しました。複数で演奏するときは、聴診器を

使って自分の音を聴きながら演奏するのですが、箪笥の奥から、

聴診器を探し出したものの、久しぶりで使い方をすっかり忘れて

いました。あっという間に楽しい時間が過ぎて、散会に。わが家

に着いたのは、11時半でした。当日は、マトリョミンの産みの親

である、竹内正実先生も、浜松からいらしていて、「マミンカとは、

おかあさんという意味。たくさんのマミンカマトを送り出した上原

さんは、まさに、おかあさんですね」とおっしゃっていました。上原

さんは、小柄で、とても可愛らしい女性。気さくで優しいお人柄で

みなさんを惹きつけます。マミンカさんの魅力そのもののような、

リラックスできる、あったかい、すてきなひとときでした。

4月18日(火)のっぽのみ〜、タイツを脱ぐ!
「え〜、まだ、はいてたの〜?」と驚かれそうですが、寒がりで、

自転車族のわたくし、実は、昨日までタイツをはいておりました。

しかも、ズボンの下に・・・。冬の間は、ハイネックのインナーと、

ズボンの下のタイツが必須アイテムで、それをいつ脱ごうか、と

毎年迷うのです。暖かくなっても、朝晩は冷え込むことが多いで

すからね。例年だと、ズボンの下は、タイツ→ストッキング→ハイ

ソックス→素足と変わっていくのですが、昨日は朝一の仕事が

終わった後、「暑い〜!」と、いきなりタイツから素足へ。仕事の

ポロシャツの下のハイネックも、昨日からやめて、首元が涼しく

なりました。今日は、さらに気温が上がって、夏のような暑さに。

人形劇と太極拳では、半袖のメンバーも数人ずついましたよ。

ところで、陽射しが強くなってくると、わたしは、ここ数年、目が

痛くなって、困るのです。曇りの日、雨の日、夜は大丈夫なので

すが、日中サングラスなしで出かけると、紫外線が目にしみ、痛

くてたまりません。先日眼科に行って、目薬をもらってきました。

去年も、5月頃に眼科を受診していて、少し強い目薬をもらった

のです。その目薬、さしたらしばらく鼻の付け根を指で押さえて

いなくてはならず、しかも、苦味が喉に残って、何を食べてもお

いしくないのです。今年は、先生に訊かれたので、苦い目薬は

やめて、少し軽い目薬を出してもらいました。「今度のは、苦くな

いですよね?」と、診察室を出る前に確認したら、ドラエモンに似

た男の先生が、笑いながら「苦くないです」と答えました。子ども

みたいだったかなぁ。当分、紫外線との闘いが、続きそうです。

4月14日(金)真央さんと麻央さん
昨日の産経新聞朝刊の一面は

浅田真央ちゃんの晴れやかな

笑顔でしたね。新聞を手にした

瞬間、「わぁ、すてき!」と思い

ました。

わたしも、真央ちゃんファンの一人ですが、こんなに国民に愛さ

れたフィギアスケーターって、他にいませんよねぇ。ソチのフリー

の演技の時には、夜中でしたが起きて真央ちゃんを応援しまし

た。ジャンプが決まる度にテレビの前で拍手し、最後のジャンプ

まで成功し、演技が終わった瞬間には、本当にうれしくて、ほっ

として、涙がこぼれました。真央ちゃんの悔し涙は、もう見たくな

い、笑顔の真央ちゃんが見たい・・・と、祈るような気持ちだった

人は、たくさんいたでしょうね。「ジャンプで転ぶと可哀想で見て

いられないの」という利用者さんの言葉に同感ですが、本番で、

なかなか実力を発揮できない繊細な真央さんだからこそ、魅力

があったのかもしれませんね。復帰を決断してからは、思うよう

な結果が出なかったようですが、きちんと挑戦して、順位では、

後輩の選手に負けて、潔く引退を決めた真央さんは、生き方と

して、とても素敵だと思います。勝つことだけが、カッコいいので

はないと、改めて教えられた気がします。ところで、もうひとりの

「まおさん」である小林麻央さんのブログを、毎日のように拝読

しています。あの若さで、まだ小さいお子さんがいて、ステージ

4の癌と闘うことになって・・・どんなにか、事実を受け止めること

が、大変だったことでしょう。でも、麻央さんの文章は、光に満ち

ていて、素直で優しくて、読んでいる人の心を癒してくれます。

その人に与えられた役割は、それぞれ違います。きっと、どの

道にも、苦難は待ち構えているのだと思います。でも、ふたりの

「まおさん」の未来が、しあわせに包まれているように祈ります。